1月30日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月30日【水瓶座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

1月30日生まれの人は、自分の判断力に自信を持っているため、危機に直面すると張り切って行動します。また、他人を説き伏せるのが得意で、目的を達成するためなら少々真実を歪めることも辞さないでしょう。しかも、さりげなくやってのけるため、周囲に怪しまれることはないようです。

自分のイメージにこだわることが多く、良識を犠牲にしてまで体裁よく見せようとすることがあります。この体裁を維持する為の、自分の行動を正当化する常套句(じょうとうく)は、「人々、家族、社会のため」です。常識的にはその通りなのですが、つじつまを合わせるために、舞台裏でアレコレと気を使う羽目になるでしょう。


Sponsored Link


1月30日が導く運勢

【頼もしいリーダー】

見た目は専制的なところがまるでありませんが、人を操るのが得意な、生まれながらのリーダーです。人を導き、楽しませ、教え、説明し、自分の考えをはっきりと相手に伝えることに能力を発揮します。また、家族、仕事、市民団体を統率する力はコミュニケーションの能力によることが大で、周囲を刺激する存在となるでしょう。

【長 所】

  • 機転がきく
  • 組織に順応できる
  • 社会意識がある

【短 所】

  • 計算高い
  • 非情

心理/性格

常にゼロから何かを作り上げたいと思っています。ですから、自分が発起人となって一からプロジェクトを進めるときに一番幸せを感じる人です。作業を引き継ぐ場合でも、一度白紙に戻して最初から出直したいという衝動に駆られることがよくあり、刷新後は独自のカラーを出そうとするでしょう。

やや冷酷な面もあり、邪魔だてするものを許さず、自分の倫理観の正しさを信じて疑いません。そのため、残念ながら、結果的に大いに疑問のある行動をとってしまうこともあるようです。ただし、失敗は一時的な後退にすぎず、最終的にはそれを教訓として生かせる人でもあります。

とても実際的で金銭感覚にも優れていますが、あこぎというイメージはなく、周囲には理想家に見えます。このイメージのおかげで、金銭面による反感や嫉妬を買わずにすみ、人生の様々な重大事においても難を逃れることができるしょう。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

水瓶座(1月21日~2月19日)の特徴

水瓶座は、人の一生を星座の12期に分割すると第11期(70歳~77歳)に当たることから、現世からの離脱の進行を感じさせます。このため、どこかハッキリしない夢見がちな(しかし賢明な)言動が特徴としてあらわれるでしょう。

水瓶座の人は、高貴な理想に邁進し、科学的・普遍的な真理を尊重します。ただ、客観性を重んじるため、冷たいとか感情がないなどと非難されることがあります。また、状況を敏感に察知し、素早く反応して、楽々と世渡りするため、調子のよい人間と見られる事もあります。

天王星に支配される水瓶座は、予測不可能で、エキセントリックかつ不安定な言動が生じやすく、いろいろな意味で変人という評判をたてられることが多々あります。水瓶座の行動を予測することは不可能かもしれません。その突発的な行動を阻止しようと、ルーティーンワークに縛りつけておいても無駄なことのようです。想像力を羽ばたかせる余地を十分に与え、制約は可能な限り取り除いてやらないと、せっかくの才能が埋もれてしまいます。

基本的に、陽気でオープンな態度で人生に向かいます。ただし、拒絶されると困惑し、急に閉鎖的になる場合もあります。また、他人と衝突したり、ストレスのかかる要求をつきつけられたりすると、逆上し突如攻撃に転じるか、黙って姿を消してしまうこともあるでしょう。
ちなみに、水瓶座の人は、不思議と本人とは対照的な、深く暗い側面をもった相手に、強烈に惹かれることが多いようです。

水瓶座を支配する天王星は不安定な軌道をもち、どんな抵抗も打ち砕くほど強力です。このエネルギーは、損なうことなく、適切な方向に導かなければなりません。
水瓶座は、科学および超感覚的な力を与えられており、まもなく始まろうとする新たな千年紀の象徴でもあります。この千年紀に、世界は変わることでしょう。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

30日生まれの人は、ナンバー3(3+0=3)と木星に支配されています。ナンバー3に支配される人は、自分のテリトリーでのトップを目指します。しかし、組織の中の仕事に疲れてしまうと、たとえ安定した経済力があったとしても、その安全な地位を捨てようという衝動に駆られるようです。このため、自由でいられるフリーランスの仕事や自営業で生計を立てたいと思うでしょう。
木星は、拡大を意味し、陽気でおおらか、楽天的な性質をもたらします。やや非現実的なところもありますが、ナンバー3の影響を受けることで、精神面でも肉体面でも様々なことに集中して取り組むでしょう。

1月30日は、水瓶座を支配する天王星の影響も受けます。天王星は独創性や反抗精神、また、急激な変化や思いがけない行動をつかさどります。天王星は不規則な動きをすることから、単純な行動を嫌います。ただ、衝動的でありながら自然なエネルギーを出すため、周囲から極端に嫌がられることはないでしょう。

これらの性質を受ける1月30日生まれは、力強くオープンな印象を周囲に与えます。しかし、本心は表に出さず、自分だけが理解して一人で何事かを始めようとします。悪気はないのですが、言葉足らずなところがあり、誤解されることが多々あるようです。

木星と天王星の組み合わせは、独創的なやり方で成功を求めます。つまり、結果だけではなく、自分なりのやり方にこだわる人です。このため、拘束や制限なしに一人で作業するほうが本領を発揮できるでしょう。

タロットが導くカード

30日の大アルカナ・カ-ドは女帝。変化に対する抵抗、あるいは不変の象徴と考えられています。また、創造的な知性と理解力をあらわしているとも言われています。

女帝は完璧な女性。あらゆる女性的要素を一身に備え、母なる大地を潤し、人間の夢や希望、憧れを体現しています。女帝のもつ何事にも動じない性質は、30日生まれの良い面となってあらわれるでしょう。

このカードは、優雅、上品、無償の愛を表現しています。しかし、一方で、軽薄、うわべを取り繕う、気取り、などという悪い面もあることを忘れてはなりません。

健康について

循環器系と足のトラブルに悩まされそうです。肉体的な問題を放っておくことが多いため、もっと健康に注意する必要があります。とても行動的なので、年齢とともに休養を心がけることが大切になってきます。体力回復のためにも、十分な睡眠がとれるよう寝具や寝室のインテリアには配慮してください。

肉やアルコールの摂取を控え、アグレッシブな衝動を刺激しないようにすること。運動面では、適度なウォーキング、ジョギング、水泳などがおすすめです。

1月30日生まれの方へ

もっと自分の本心を出してください。イメージがすべてではありません。本心や欲しいものを人々に知ってもらいましょう。深いレベルで分かち合うことを学んでください。

信頼は必要不可欠。信頼だけはなんとしても守り抜くべきです。人々が寄せる信頼には絶大なものがあり、その期待を裏切るようなことになれば命取りになりかねません。

【瞑想の言葉】

山麓の景観を楽しみつつ頂上を極めることもできる。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link