4月27日生まれの運勢と性格【星座/占星術とタロットで導く誕生日占い】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月27日【牡牛座】生まれの方へ!占いから導かれる性格判断とアドバイス

4月27日生まれの人は、舞台裏で働くのが好きで、無理やり引っ張り出されない限り、主役になろうとは考えません。幸せを感じるのは、誰にも邪魔されない場所で1人で仕事に打ち込んでいるときです。また、社交にはそれほど熱心ではなく、学校や職場、教会などで知り合った人たちと付き合う程度でしょう。

そんな性格ですから、人の評価など いちいち気にすることはなく、人の人気を妬んだりもしません。また、わざわざ人に言われなくても自分のことは、よく分かっている人です。


Sponsored Link


4月27日が導く運勢

【満ち足りた人】

他人に対して強い影響力をもっており、その場にいなくても、考え方や行動、ときにはイメージだけで周囲に影響を及ぼします。つまり、「あの人だったらどうするだろう」の「あの人」になるのです。

なぜか、人生のお手本のように見られますが、それは、人の役に立ち、仕事を成し遂げられればそれだけで満足という生き方をするからでしょう。こういう人は、常に満ち足りているため、単独で行動しているときでも、けっして寂しいとは感じません。たまに失敗するようなことがあっても、それを踏み台にして、すぐ新たな仕事に取りかかる勇気をもっています。

【長 所】

  • 強烈な自信を持っている
  • ひたむき
  • 集中力がある

【短 所】

  • 引きこもりがち
  • 深刻すぎる
  • 感情を抑えがち

心理/性格

人間関係や家族との関係(子育てなど)では、1人になる時間を持ち、1人になって仕事をすることさえ認めてもらえればうまくいくでしょう。十分に働いた後でなら、家族や友人との団らんも楽しめます。主婦の場合、家が自分の城となり、必要なものや欲しいものは大体家庭のなかで満たされるでしょう。ただし、自分が誠実で献身的であるのと同じように、家族にも誠実さと献身を求めます。

人間的に未熟な人の場合、内向的になったり不機嫌になったり、人を苛立たせたりしないよう注意すべきです。また、失礼なほど他人に対して無愛想になることもありそうです。社会との関わりを心から楽しめるような立場を見つけ、角がとれて性格が丸くなれば、人とうまく付き合えるようになるでしょう。

一芸に秀でている人が多く、しかも自分の限界や将来性を正しく見極められます。しかし、年若い時期に、あまりに無理し過ぎると、精神が乱れ、突然怒り出すなどして周囲の人たちを驚かせてしまうこともあるようです。癇癪(かんしゃく)を起こすことは滅多にないのですが、行き詰った時は、一人で抱え込まず、人に頼りましょう。特に、若年期は、親兄弟に相談することが大事です。

色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

牡牛座(421日~521日)の特徴

牡牛座は、人の一生を星座12期に分割すると、第2期(7歳~14歳)に当たることから、成長と発達を意味し、身辺の管理を覚えていく子供に例えられます。この、少年期から思春期への成長は、何が自分のもので、何がそうでないかを学ぶ時期でもあるため、牡牛座の人は、大切なものを維持管理することが主要なテーマになります。

金星に支配される牡牛座は、調和を求め、身のまわりを美しくすることに関心があります。物質界との関わりが深いため、大切なものを所有することと安全を確保することが、人生に大きく影響するでしょう。

牡牛座は、シンボルの雄牛さながらに頑固で闘争的です。しかし、調和を求めるので、意外に柔軟なところもあります。また、牡羊座は、何にでも興味をもつところがあります。特に、異性、食事、スポーツなど、肉体に関するすべてに関心を寄せるでしょう。

基本的に、プロジェクトを立ち上げ、形にすることを得意とします。
牡牛座生まれの人は、じっくりと考える能力が発達しており、周到な計画をたて、時が熟するのを待って実行に移す慎重さがあります。しかし、物事を先延ばしにして、行動のきっかけをなくすこともあるようです。

牡牛座生まれの人は、集団に属することを好む半面、かなりの部分を自己裁量でやりたいと願います。支配したいという欲求が強いため、いつまでも追随者ではいられません。
頑固者との評判どおり、一緒に働く人々に対して譲れない線を示すことも多いでしょう。

特徴的なのは、周囲の人に対して最もプラスになることを心に留め、人の為に生きようとすることです。しかし、「自分のやり方以外は認めない」と主張するところがあり、誤解を招くことが多々あるようです。
頑固な態度は、自分優先に利益を守ろうとしているのでは? という印象を周囲に与えるため、利己的と非難されないよう言動には注意してください。


Sponsored Link


占星術が導くナンバーと惑星

27日生まれの人は、ナンバー9(2+7=9)と火星に支配されています。9は特別なナンバーです。あるナンバーに9を足すと各位の数字の和が必ず元のナンバーになり(例:5+9=14➡1+4=5)、また、9をかけた場合は各位の数字の和が必ず9になる(例:5×9=45➡4+5=9)というように、他のナンバーに強い影響を与えます。したがって、4月27日生まれの人も、周囲に対して強い影響力を振るいます。
火星は力強さと攻撃性をあらわし、男性的なエネルギーの象徴です。この火星の熱いエネルギーは、仕事に関して良くも悪くも大きな影響を及ぼします。攻撃だけで、仕事をこなすことは難しいと知り、熱い想いはコントロールすることで、大きな成果が得られるはずです。

4月27日は、牡牛座を支配する金星の影響も受けます。金星は社交をつかさどる惑星です。また、美しさと愛を意味し、女性的なエネルギーの象徴でもあります。このため、母性的で世話好きなところが強調され、心地よさや気持ちよさ などの感覚を愛するでしょう。

これらの性質を受ける4月27日生まれは、火星の男性的な部分と金星の女性的な部分が絡み合い、男っぽい性格と女っぽい性格が極端な形で出るようです。いずれにしても、力強く行動しますが、孤立すると視野が狭くなり、正しい判断が出来なくなるようです。
集中するためには、一人になることも大事ですが、私生活は出来るだけ会話を楽しむようにしましょう。

タロットが導くカード

27日の大アルカナ・カードは隠者。通常はランプと杖をもって歩く姿が描かれています。

隠者は瞑想、孤独、沈黙の象徴。このカードは、明確な知恵と究極の修行を意味しています。また、隠者は人々の良心を呼び覚まし導く存在です。

このカードのもつ良い面は粘り強さ、目的意識、知識の深さ、集中力。
悪い面は独断、心が狭いこと、不信、落胆です。

健康について

(うつ)病と骨や歯の病気に注意。特に女性の場合は、産後や更年期に骨や歯を傷めることがあります。また、男性の場合は、仕事で失敗したときに鬱(うつ)病になる恐れがあります。中年以降は、ストレスからくる聴力や平衡感覚のトラブルなど、耳の病気に注意してください。大切なのは、人生を楽しむこと。笑いほど心に効く良薬はありません。

家庭ではキッチンで楽しみを発見できるでしょう。外食が嫌いなわけではありませんが、キッチンでくつろぐのが大好きな人です。多分、一人になれる空間が落ち着くのでしょう。男女ともに料理が得意ですが、献立は栄養面にも気を使ってください。

4月27日生まれの方へ

元気づけてくれる友人を見つけるといいでしょう。笑いを忘れず、深刻になり過ぎないよう注意。自由な精神と遊び心をもった忠実な仲間がいればうまくいくはず。

もっと社交的になり、孤立しないように。人間的な成長を目指して努力し、自分の価値観を人に押しつけないこと。

型にはまった生活は止めましょう。不幸な状態を長引かせてはいけません。

【瞑想の言葉】

真の教会は人の心の中にある。

運勢と性格【占星術とタロットで導く誕生日占い】のまとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link