9月2日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月2日生まれの人は、インチキや虚飾を嫌い、うわべだけ飾ることを軽蔑します。また、仕事や行動について、言い訳することがありません。結果について、あれこれ説明しようとせず、態度で示そうとします。基本的に、ただ仕事を進めることができればいいというタイプです。実際、ワーカホリックになりやすい人です。

※ワーカホリックとは、生活の糧である筈の職業に、私生活の多くを犠牲にして打ち込んでいる状態を指す言葉です。仕事に打ち込むあまり、家庭や自身の健康などを犠牲にするような状態を指し、その結果、過労死や熟年離婚といった事態を招くこともあります。仕事中毒ともいいます。


Sponsored Link


9月2日生まれ 特徴

【何でも手際よくこなす人】

お金の扱いが上手です。たとえあまり多くはなくても、自分の財産はきちんと管理します。実利を重んじるタイプなので、極めて現実的です。役に立つもの、見た目の美しいものを見つけ出し、その価値を見抜いて最もふさわしい使い方ができる人です。

配偶者や恋人に対して非常に口うるさく、喧嘩が絶えないかもしれません。そのことを自分でも理解しているため、恋愛に関しては好みがうるさく、妥協するくらいなら1人でいる方を選ぶでしょう。

【長 所】

  • 公正さを重んじる
  • 正直
  • 控えめ

【短 所】

  • 決して譲らない
  • 気分屋
  • 気性が激しい

心理/性格

控えめで、積極的に注目を集めようとすることはありません。職業もリスクの少ない安定した仕事を選ぶでしょう。ただし、単に人の尻馬に乗るのではなく、自分で刺激的な状況を作り出し、仕事にやりがいを見いだそうとする人です。

人生観は、平等主義といえるでしょう。市井の人々の権利を守るためなら、速やかに行動を起こします。意見を言うときは、誰にでもわかるような優しい言葉で話し、えらぶった態度は一切ありません。また、本当に困っている人、不運や災難に打ちひしがれている人には心からの同情を示すでしょう。

どんな人生を歩んでいても、堅苦しい道徳に従って行動します。特に約束事は、たとえ親が死んでも守ろうとします。この点では安心して付き合える人ですが、あまりに厳格すぎるために同情心や人情の機微がわからず、敬遠されてしまう場合もあります。もっと肩の力を抜いて、人生にユーモアをもって過ごすことを心掛けるといいでしょう。


Sponsored Link


色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

健康について

死に物狂いで働いて、ストレスを極度に溜めてしまう場合があります。問題は自分自身が窮地に立たされていても、人の手を借りたがらないことです。不安な気持ちを無理に押さえつけてしまうため、胃腸への負担、特に潰瘍ができやすい精神状態には注意しなければなりません。ただし、一番のストレス解消は、仕事を成功させることであって、遊んでストレスを解消させようなどという考えがないため、厄介です。

唯一、ストレス解消におすすめなのは、美味しいものを食べることです。出来れば、料理に興味を持ち、親しい人に振る舞うと、日々のストレスも軽減されるでしょう。

9月2日 生まれの方へ

ナンバー2に甘んじてはいけません。出来ると思ったら、実行に移してください。ただし、周囲の人にも協力してもらいましょう。そして、人と心を通い合わせましょう。くれぐれも、感情のバランスには注意してください。仕事のための仕事になってはいけません。手掛けた仕事は、必ず表に出るように心掛けてください。

【瞑想の言葉】

自分の世界がすべてではない。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。