10月12日 誕生日占い【性格・健康についてのアドバイス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月12日生まれの人は、人から注目されるのが大好きで、実に目立つ存在です。人付き合いが上手で、社会的にどんな地位にいる人ともうまくやってゆきます。また、良い仕事をすることにかけては自信があり、さまざまな環境の優秀な人々から評価されたいと考えています。最大の課題となるのは、周囲が本当に必要としていることを察知し、それに答えてゆく気配りです。自分の事だけ考えてはいけません。


Sponsored Link


10月12日生まれ 特徴

【心の大きな人】

金銭感覚に優れ、家族や友人が困っていると、お金を差し出す優しさを持っています。大嫌いなのは、ケチと不親切。誰かに手を貸すときも、お金を貸すときも、率直で大変威厳のある態度ですが、恩着せがましさを感じさせません。相手には、気兼ねなく受け取れるように心を配ります。しかし、逆に自分が何かをしてもらうときには、大変な後ろめたさを感じるため、心を開いて誰かに相談し助けを求めることは滅多にないでしょう。与えることも受け取ることも自然にできるよう、若いうちから心がけることが肝心です。

【長 所】

  • 世渡りがうまい
  • 寛大
  • 頼りになる

【短 所】

  • 自分のことしか考えない
  • 目立ちたがり

心理/性格

この世は自分が主役のドラマを演じる舞台だと思っています。ごく自然体で演じるため、注目を集めることが目的の、嫌味な不自然さは感じません。ただし、思い上がらないように注意すること。自己満足のために、軽い気持ちで人に何かをしてあげた結果、自分にだけ災いが降りかかることもあるようです。

社会の慣習やしきたりに詳しくても、時々自分だけを特別扱いしてしまいます。私生活では特にその傾向が強いようです。気前のよさとわがままな面が入り混じった不思議な人です。自分の欲求や必要さを真っ先に満たそうとするときがあるので、パートナーが腹を立ててしまうことも多々あるでしょう。

社交性に富み、経験や知識が豊かで、仕事仲間や友人、家族にとって実に頼りになる存在です。しかし、愛情面では、やや「危なっかしい」存在です。関係がギクシャクすると仲直りを迫り、自分の心の痛みを癒そうとしますが、相手の気持ちを考えようとはしません。相手が必ずしも同じ気持ちでいるとは限らいない、ということを理解しましょう。


Sponsored Link


色の心理 性格判断【好きな色・嫌いな色で判定】
色の好みから、心理状態や性格を客観的に判断する方法 スイスの色彩心理学者※ルッシャーが「好きな色は願望を示し、嫌いな色は過去の体験から...

健康について

健康を当たり前のものと思い込んではいけません。定期検診を必ず受け、信頼できるかかりつけの医師に健康状態をチェックしてもらうとよいでしょう。

「一流思考」なので、食事も豪華で贅沢なものが好きです。しかし、美食は必ずしも健康に良いとはいえません。出来れば毎日、適度な運動をすること。散歩のように穏やかな運動のほか、もう少し激しいスポーツ、水泳やテニスもいいでしょう。腰や腎臓、消化器系の病気には注意が必要です。女性は卵巣や膀胱の疾患にも気をつけましょう。

10月12日 生まれの方へ

他人の感情に気を配りましょう。相手にとって何が必要なのかを考えてください。目指すべきは無償の愛です。

【瞑想の言葉】

なくては生きてゆけないものがありますか?もしあれば、一度それから離れてください。

まとめ

誕生日からの性格判断や占いは、数多くありますが、当サイトも含めて、100%当たるものではありません。ただ、自分の本当の性格を知るきっかけとなり、今後の人生の参考になることは間違いないようです。

当サイトが本当の幸福を手にする、一助になることを願っています。

参考

当サイトは心理学、歴史学、数秘術、タロット占い、占星術をベースにした(株式会社 角川書店)2000年10月30日初版発行『誕生日辞典』を参考/引用しています。

【誕生日辞典:著者】

●ゲイリー・ゴールドシュナイダー/Gary Goldschneider

5月22日生まれ。イェール・メディカルスクールで精神医学を学ぶ。在学中に占星術と出会い、以後、占いのコラムを執筆するかたわら、ピアニスト、作曲家としても活躍。

●ユースト・エルファーズ/Joost Elffers

11月21日生まれ。オランダ出身のメディア・プロデューサー。書籍を中心に独創的なアイデアでさまざま企画を仕掛ける。


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。